読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかしまつり

最近はA.B.C-ZとPerfumeが半々

できればあんまり電車に乗りたくない

またしても全然ジャニーズとは関係ないよ。 

大学を卒業して新社会人になって3か月とすこし、そろそろ働く生活リズムが確立されてきた。 わたしの実家は都市部から遠い僻地にあるんだけど色々訳あって今そこから片道2時間弱かけて通勤している。大学生の時はチャイムも聞こえるような大学の真横に住んでいたので通学時間なんてあってないようなものだったのに、今じゃ大逆転。8時半までに出社するために朝5時半には起きて6時半の電車に乗る。定時で上がれたとしても帰宅は絶対に8時を過ぎる。ひどいと最寄の数駅手前の乗り換えで数十分待たされる。もどかしい。そろそろ余暇のなさすぎる、というか余裕のない生活が嫌になってきた。でも1人暮らしはメリットもあるしデメリットもあるんだよな~~、と思ってまだ踏み切れない。

 

▽1人暮らしするメリット

・通勤時間が短い

これに尽きる。24時間しかないうちの4時間を異動に費やしてるのってやっぱり非効率的だと実感してる。通勤時間を有効活用したくて本読んでみたり勉強してみたりするけど誘惑に弱いのですぐツイッター見るし、何より寝てしまう。あとは飲み会に行っても終電がすごい早い。泊まらせてくれる友達がいればいいけど泊まる用意を持っていくのも面倒くさい(ひどい)

・早起きする必要がない

同じ5時半に起きても、6時半に家を出るのと7時半に家を出るのとは訳が違うし、できることの幅も全然違う。電車じゃ書類とか確認できないし(しないけど)。でも、帰宅してお風呂に入ってから起床まで何時間あるかっていうのが精神的余裕と関係あるんじゃないかなって思う。

・生活に介入されることがない

割と傍若無人に暮らさせてもらってるから他の家庭と比べるとないほうだとは思うけど。入りたいタイミングでお風呂に入れなかったり、洗面所が混雑したり、後で観ようと思っていたテレビを先に見られていてちょっと結末を知ることになったり。あとは家が狭いので静かな環境で何かができることが少ない。絶対に誰かの生活音がある。結構夜型の家庭だから夜遅くにならないとみんな就寝して静か、ってことがないんだよねえ~~。あとは夜になると妹の部屋から聞こえてくる歌声と、隣人が大音量で流すコブクロが嫌。

 

▽1人暮らしするデメリット

・作業が増える

一番憂鬱なのはこれ。この3か月、身の回りの家事は全部やってもらってるダメなタイプの社会人なので掃除洗濯料理…をやらないといけないのが憂鬱。1人暮らしして浮いた通勤時間が全部これに消えることもあり得る。料理したくなくてもコンビニ弁当も苦手なので多分食生活がとても偏る未来が見えるな。

・支出が増えるので貯金ができない

家賃、水道光熱費、通信費、生活用品、食費等々、今まで不要だった支出が必要になってくる。それでなくても支出が多くて財布の紐が緩いオタクとしては由々しき事態。交通費浮くやん!って思うけど通勤場所のまあまあ便利な場所までは会社が出してくれた定期持ってるから関係なかったし、1人暮らしすると休日は寂しくてフットワークが軽くなる気がするから結局どこかへ出かけていくんだと思う。

・虫退治してくれる人間がいない

これからの季節は死活問題。虫が本当に苦手な人間なので結婚する人には虫退治できてほしい…って思う。隣人と仲良くなって虫退治してくれるような関係になればいいのか?あっ、彼氏作ればいいのかな(絶望)

・楽しみを共有できる人間がいない

ここ1年ぐらいかけて頑張って妹とママを毎週少クラ見るぐらいにジャニーズをゴリゴリ刷り込んできたから、わりと楽しみが共有できた。けど1人になるとそれができなくなるし、あと録画予約忘れてても録画してくれる人がいない。録画と編集に関しては妹はかなり有能なんだけどそれもしてくれないとなるとなかなか悲しい。頑張って育て上げたのに…。

 

それでも、今は全力で1人暮らしがしたい。朝の通勤が早いのはいくらでも我慢できるんだけど、どうしても仕事が終わってから家に帰るまで2時間もかかると思うとどっと疲れが押し寄せてくる。まあどうせ配属されたら終電短いと困るし1人暮らしの圧をかけられるんじゃないかなあとは思うけど。はあ~~。

絶賛家探し中なのでよかったら家探しのアドバイスとか買っとけばいい物とかあれば教えてください。今の楽しみは必要そうな雑貨をアマゾンの欲しいものリストに放り込んでいくことだよ。現実逃避だよ。はあ~~レポートしてきます。