読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかしまつり

最近はA.B.C-ZとPerfumeが半々

恋ヴァ観てみませんか

 

映画を見終わったあと2日くらいは頭の中の8割ぐらいを哲くんが、哲くんを演じる戸塚祥太が占めていた。恋するヴァンパイアはもう観ましたか。私は観ました。その結果が冒頭の一文。

映画を見た直後くらいにみんな恋ヴァ観てって主旨のブログを書こうとして語彙力の少なさに断念して(かわいい・格好いい・好きしか出てこなかった)、誰か書いてって投げてたけど誰も書いてなさそうなのでやっぱり書く。だっていつでも最高に格好いい戸塚祥太が恋ヴァではさらに格好いいんですよ!観るしかないでしょ?ね?

まあそうは言ってもただ観てと喚くだけでは観てくれないだろうなと思ったので、観てほしい理由を箇条書きで書いていこうかと思った…んだけど、いざ捻り出そうとすると

戸塚祥太が格好いい

の1つしか思い浮かばなくてアレ?って頭かしげた。まあでも集約するとそんな映画だった。フォロワーさんに「あの映画は戸塚さんのプロモーションビデオだよ」って教えて貰ったけれど、本当にその通りだと思った。場面場面に出てくる戸塚祥太は格好いいの大盤振る舞いの連続で、これでもかというほどA.B.C-Zのときめき担当としての仕事っぷりが発揮されていた。そうなった経緯は詳しく知らないけれど、戸塚さんに「ときめき担当」という名前を付けてくれてありがとう伊坂幸太郎さん。この上なく全うしてました。

そんな映画なのにいい評判をあまり聞かないのは大体想像通りだと思うけれど、よくわからない設定とか回収しない伏線とかチープな場面が多い脚本・監督だからだと思う。まあ粗探しをすればキリがないので控えておくけど、なんとなく映画全体がパラパラマンガの途中を抜いてそのまま繋げたような印象があったし、見たい場面をいっぱい作ってどうにか繋ごうとした感じは否めない気はする。場面だけで見ると好きなところもあるだけに残念。

それでも髪の毛ぼさぼさでハイウエストなスラックス履いておどおどした哲くんはとんでもなく母性本能をくすぐられるかわいさがあるし、キイラちゃんに無理やり引っ張り出されてコロニーを歌ううちにどんどん表情が明るくなっていく哲くんにはこっちまで嬉しくなれるし、ミュージカル調でデートをする場面でイメチェンする哲くんはとんでもなく格好良くなってときめくし、普段、というか素の戸塚祥太では絶対見れないであろう仕草とかセリフとか表情を見せてくれたこの映画はやっぱり観て損はないと思った。トンデモ展開の映画だけど、観れないことはない…と思うんだよなあ。戸塚祥太が見れるというだけでそれはもう「観る価値のある映像」になってしまうような甘い人間の判断基準だから偏りしかないけど。

あとこれはレンタル版には収録されてるのかはわからないけど、メイキングに出てくる戸塚さんが何よりかわいい。パンをこねたり赤ちゃんを見るとそわそわしたり触れ合ったり、カメラに近づいて来たり敬礼をしたり。他にジャニーズの人間がいない、いわゆるホームではない現場でも、戸塚祥太戸塚祥太たる振る舞いをしてるのが見れてなんとなく嬉しくなったしかわいいなあと思った。あれ、私は何の話をしてたんだ?恋ヴァを見てほしいって話題のはずだったのに、知らぬ間に戸塚祥太がかわいい、格好いい話にすり替わってる。でも、恋ヴァを見ると格好いい、かわいい戸塚祥太がたくさん詰まってるのでとりあえず観て!ってこと、にしておいてください。あしからず。