読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかしまつり

最近はA.B.C-ZとPerfumeが半々

Twinkle Twinkle A.B.C-Z 通常版 感想

A.B.C-Z

一昨日、時間潰しにふらりと入ったブックオフでTwinkle Twinkle A.B.C-ZのDVDをなんと破格の500円で見つけたので買ってしまった。嬉しいような、悲しいような。正規のルートで買わなくてごめんなさい…見たくてつい…!

Za ABCのMVを見た時から感じていたことではあるけれど、今回もMVがワンカメショーであり、メイキングも同時に収録されているが故に、アイドルが持つきらびやかな部分とその裏で努力を重ねている部分がより対照的でくっきりと表れていると感じた*1。以前どこかのブログ*2A.B.C-Zはきらびやかな面だけでなく裏側の努力をしている面を見せるのが女性アイドルファンにも受けるのではないか」という主旨の文章を見たことを思い出し、Za ABCと今回のDVDを見てそれをひしと感じた。ShowerGateのようなほのぼのした撮影風景を見ることができるのも良いけれど、Twinkle~のような入念に緻密な準備を重ねる彼らを見せて貰えるのも彼らならではの持ち味だと思う。

 話は変わるが、from A to Zを聴いた時からTwinkle Twinkle A.B.C-Zの楽曲が気に入っている。「ABCの歌」というレトロではあるが現代まで歌い続けられている大衆的な曲をモチーフにしたメロディーと、その音に日本語が乗ったときのタイトルが「きらきら星」であるという、まさに星をモチーフにしている彼らにリメイクされ歌われるためにあったのではないかと思い込んでしまえるほどに条件が揃っている。さらにそれに彼らのきらきらした映像がつくなんて好きにならないわけがなかったし、この初期衝動を書きとめない理由がなかった。ここからDVDの感想を述べているけれど、基本的に可愛いか最高しか言ってない。

 

▽Twinkle Twinkle A.B.C-Z MV

・コント部分

そもそもコントからMVに入るということ自体が私にとっては新鮮で、彼らの楽しげな雰囲気がより伝わってきてとても好きになった。しかもその部分でさえワンカメに含めてしまうというのはさぞ大変だろうけど、それができるのはきっとジュニアの頃のバックや舞台でキャリアを重ねてきた彼らだからできるんだろうと思う。コントもはしちゃんの「さあ、行きましょう~」からの内容を伝えるための布石なんだろうけど、テンポも良くて面白かったし、魚屋さん役のふみきゅんが箱の中から出てきて、しれっとした顔で1回箱の中に戻っていくところで笑ってしまった。壁から顔だしてる塚ちゃんがちゃんと表情変えてるのも、刑事塚ちゃんが来た時のとつーの尖らせ口もだけど、特に(゚▽゚)σ「オープンザドアー!」っていう塚ちゃんが可愛かった。とっつーのポケットから札束を取り出した時のふみきゅんのオーバーリアクションを見るとやっぱり彼が一番芸人寄りの雰囲気持ってる人間なんだなと思う。ひもで縛られるのが趣味でセルフでやっちゃう五関店長というすごいアブノーマルな設定はなかなかぶっ飛んでたけれど、そもそもコントをする五関くんを初めて見たのであんまりイメージがなく、こんなにノリノリでやるのかと驚いた。

・曲冒頭~Aメロですでに可愛いポイントしかない

「さあ!いきましょう!」って言いながらちょっと笑い出しそうなはっしーを見ると、このセリフを言っているはっしーの前にはメンバー4人とスタッフさんが見てるんだなって思って1人でほっこりした気持ちになっていた。曲の入りから全力の笑顔つかちゃんが完璧なアイドルで眩しくて、ネクタイ直して首を傾けて「レッツゴー!」って言った後のポーズと尖らせ口をする戸塚さんが可愛い。前で河五が踊ってるときにお兄ちゃん二人を見るはしちゃんの誇らしげな顔もとっても可愛い。本当に可愛いしか言ってない。あと何より衣装のジャケットの裏地が星柄なのが可愛い。

・戸塚田、河五にやられる

「たとえ僕たちが~♪」で塚ちゃんはとっつーのことちゃんと見てるんだけど、とっつーは一切塚ちゃんの方を見ずにカメラだけ向いてて、そのあとの「二人の気持ちが~♪」でとっつーはやっぱり塚ちゃんのことを一切見ないまま手を合わせる戸塚田のコンビネーションが理想的だった。あと、河五が目を合わせて同じ踊りをして、背中合わせにポージングするだけでもう河五最高ー!!って叫び出そうかと思った。身長差にも同じふりをすることにも目を合わせることにも萌える、これが河五沼か…。

・嬉しい時も悲しい時の歌詞もジェスチャーと表情での表現力高い塚ちゃん本当に最高にアイドルで眩しい(2回目)

・「My Love~♪」って歌うところの身振りに皆個性が出てる

(*б_б)膝に両手を置いてる

(^∀^)両手を前に出してる

(゚▽゚)手でハートを作ってる

(☆^ш^)片手を上に上げてる

(´`▼´)片手を前に出してる

この説明だと分かりにくいと思うけれどとりあえずみんな可愛い(5億回目)

・全身で愛を表現する戸塚さんの振りや所作が好き!

とっつーは決まった振りがないところで全身を使って表現するのが得意な人だと思っている。サビ入る前に両手を広げてクルクル回りながらみんなのところに向かっていくところとか、ラストのサビで両手を上げながら一回転するところとかがとても好きなんだけれど、よくよく考えてみると両手を上げてクルクル回る戸塚さんが好きなのかもしれない…単純…。

A.B.C-Zの曲は間奏が長いけれど、映像で見ると個性が出てて良い

ダンスする五関くん、おちゃらけ担当ふみきゅん、アクロバット塚ちゃん、ミュージカル的な動きのとっつー、カメラに向かって可愛くパンチするはしちゃんの間奏の流れが彼らのいろんな色を出してて好き。あの五関くんもメイキングでめっちゃ好きと太鼓判を押してたシーンなので間違いないカット。

・ラストのサビ~ラストは個人的に塚ちゃんのターン

5人集まる時にはしちゃんの足をつかんでる塚ちゃんとそれを一瞥するはっしーを見ると2人の年齢差が本当は逆なんじゃないかと思ってしまう。それにしてもサビ前に5人と1人ずつ目を合わせていくはしちゃん、やっぱり正真正銘のセンターと思うし、4人から愛されてるのが見える気がする。塚ちゃんの最後のポーズが5人の中でも飛びぬけてアイドルで輝いてたよ…(3回目)

 

▽Desperado

・服装事情が気になる!

(*б_б)第2ボタン空け・ネクタイ結構緩め・7分くらいまで腕まくり

(^∀^)第1ボタン空け・ネクタイきっちり目・袖まくりすぎて半袖

(゚▽゚)ボタン全締め・ネクタイも袖のボタンもきっちり

(☆^ш^)第1ボタン空け?・ネクタイきっちり目・袖ボタンきっちり

(´`▼´)第1ボタン空け・ネクタイ緩め・袖ボタンきっちり

戸塚さんの半袖のボリュームえらいことなってる。最初1人だけ半袖なのかと思ってたけどよく見るとどうやらまくっているらしい。個人的にはとっつーのまくりすぎた半袖から覗く腕の筋肉がセクシーなのでそこを推していきたい。あと、こう見るとはしちゃんの服装は飛びぬけてチャラい。

・この曲はわりと戸塚さんのターンだと思っている

みんなとてもキレがよくて振りが揃っているのでこのMVも大好きなんだけど、サビの「wow wow~♪」の振りの流れるように床を滑るとっつーの足の動きが特に好き。クールな曲なのに寄った画面とかで皆たまに笑顔を見せちゃうんだけど、戸塚さんだけはずっとクールな顔してる、一切笑わない。あとはどこの部分だったか忘れたけど、アップになった部分で、口が半開きの五関様から漂う色香がすごい。大人の色気ですかね。

・椅子を飛び越えて座っちゃう塚ちゃんの身体能力

・ふみきゅん監督の采配が最高

実際にふみきゅん監督が采配したのかは全く知らないけれど、そうだとときめくなと思っているだけのただの妄想。こういうダンサブルな曲だとやっぱり五関くんの踊りが際立つし、実際曲中で何度かセンターで踊るのはさすが配置わかってますねふみきゅん監督…。しかも「過去に生きるなんてCrazy」のこめかみに銃を突きつける仕草と、「今を捨てるなんてCrazy」の両手をこめかみに当てる仕草、2回目の「過去に生きるなんてCrazy」の首を切る仕草をするとっつー、戸塚祥太だから似合うってところがあるし、1番クレイジーな戸塚さんに割り振るの最高ですふみきゅん監督…。(2回目)

 

▽コント

①全然頼りにならない救急隊員

まず五関くんがつっこみポジションであることに衝撃を受けた。五関くんってツッコむんだ。冒頭のコントはふみきゅんがツッコミだったからツッコミは1人だと勝手に思いこんでた。(´`▼´)「ちょいちょいちょいちょい!!」って五関くんが全力て突っ込むのは本当に新鮮だった。それにしてもいくらおじいちゃん役だからって鼻を赤に塗ってるジャニーズ見たことある?わたしはないです。ふみきゅん振り切ってる…。とっつーはおじいちゃんの動き上手だなと思ってみてたら(^∀^)「んきーー!バルサミコーーー!」って叫び出したので普通に笑った。なんだか悔しい…それにしても謎だ…なんでその言葉が出てきたのか謎だ。戸塚さん自体が謎だから仕方ないけど…。

②スタメン

橋塚田のユニフォーム姿、実際に部活やってもおかしくないぐらいの仕上がりだししかもサッカー…とても爽やか…!最高です!!選手はこの仕上がりなのにごせ子マネージャーのヅラはめっちゃダサくて悲しい…せめて前髪あるやつに…うっ…。(*б_б)「謝ったほうがいいですよっ(小声)」っていうはしちゃんのいたずらっ子みたいなの顔可愛い。(^∀^)「キャプテン…俺の名前は…祥太です」に俳優戸塚祥太の片鱗が見えた気がした。気がしただけかも。

③殺し屋

感想の多さからもわかるかもしれないけれど3つの中でこれが1番お気に入り。五関くんのバブリーなスーツの大きさすごくチープでコントっぽいし、殺し屋よっちゃんシャツはだけすぎ問題だし、ふみきゅんにはタンクトップと頭にバンダナ?のソルジャーな格好は似合わないね…と思っていたらマカロンのポーズでわき毛がなくてなんだかなんとも言えない気持ちになった。多分あってもなくても複雑な気持ちになってたからどの姿でも正解だとは思うんだけど、ちゃんと処理しているとしたらふみきゅんの自分がアイドルであることへの意識の高さを見せられた気がする。これも気がするだけかも。そのあとの(*б_б)「ぼーん!てなるかーい!」のノリツッコミよっちゃんがノリもテンポも動きもよくて素晴らしい!と思ってたんだけど、それに加えてその時にサングラスがちょっとずれるのも最高だった。7億点あげたい。何でもできるじゃんうちのセンター(贔屓目)!今までの3人はチープな格好の人間ばっかりだったのにいきなりトレンチ着こなしてくる戸塚さんと空の荷物引くやつのギャップがもうすでに面白かったのに、ほんとにこの顔文字みたいな顔で(^∀^)「お前をどんなふうに殺してやろうかなキルユー!」って言ってくる戸塚さんが最高に期待を裏切らない戸塚さんだった。面白すぎかよ…キルユーぶっこんでくる戸塚さん面白すぎかよ…。そのあとの塚ちゃんが登場してからの(゚▽゚)「テンションあげーおこー!てへぺろー!このへん~ここの●×△□ぺろ~」は一瞬何事かな?と思った。登場時のキメ顔はなんだったんだ。(゚▽゚)「さげぽよ~~」 って言いながら連行される塚ちゃん、一瞬の出番すぎて儚い…。

 

▽メイキング

・とっつーと五関くんの私服

戸塚さんの白シャツVネックごちそうさまでした。着ている人間が格好いいからよりそう思うんだろうけど本当に何着ても様になる。五関さんの白チェックシャツとチノパンの私服、萌え袖なのが気になって仕方なかった。手足長いはずなのに萌え袖なのはどういうことでしょうか。とりあえずごちそうさまです。

・いじられ役の塚ちゃん

顔だす穴から顔を出してる塚ちゃん、正面から見るとなかなかおでこが気になる面白い絵になってた。しかもひたすらはっしーに無視されていて目だけを動かしてはっしーを呼ぶも放置される塚ちゃん可愛い。そのあとふみきゅんが顔を出してる塚ちゃんに小道具の包丁をつきつけると、(゚▽゚)「ひいぃ~~」っていう塚ちゃんも可愛い。平和だ…。あと、(゚▽゚)「すごい…タイミングの…絶妙なタイミングが…この作品を…作り上げる…」(´`▼´)「誰に向かって言ってんだ(笑)」というやりとりで笑いながら言うのがとっても五関様。そうかと思えば「みんなキラキラしてましたね……トゥインクルトゥインクルしてましたね、ふふふ」って笑う五関くん愛しすぎる。

・ワンカメ収録の雰囲気

セットが凝ってるし、よく動くのに動きが緻密すぎて、セット考えた人の頭の中を知りたい。しかも、曲中にセットが動いてるときってあんなに大声が飛び交うんだなということを初めて知ったので、あそこで笑顔でいられるアイドルはやっぱりすごい。えびももちろんそうだけど、ワンカメという1度のミスですべてが台無しになる収録に「先輩の後ろで踊る」っていう重圧を背負ったジュニアの方が間違えられなくて緊張しそう。最後のエンドロールで知ってる名前のジュニアをぽろぽろと見つけて、着実にこの5人以外の名前をインプットしていってる自分に気付いた。怖い。

 

 なんだかんだものすごく長くなってしまった。私が見ている時系列はリリースそのままの時系列じゃないけれど、ShowerGateのメイキングかな?で聞いた「毎回フレッシュなものを見せられるのはA.B.C-Zにしかできない」というのが今回も体現されていたのかなと思います!お粗末様でした!

*1:そうは言うものの他のグループのメイキングを見たことがないので比較できないところにはこの際目をつむって欲しい。

*2:何か月か前に読んだブログなので書かれた方も主旨も曖昧ですみません。見つけ次第修正します。